“天神藤”とは?

私たちがくらしている平岸の地には樹齢200年の大きな藤の木があります。北海道最古の藤です。開拓に入植した先人が盆栽として内地より持ってきたのをこの地に植えかえ、時の札幌市長原田与作氏がご来園の折この見事な藤を「天神ふじ」と命名されました。
毎年六月上旬には見事な藤色の花を咲かせて、地域住民の目を楽しませています。
我々はこの見事な藤を後世に残し、守るために活動しています。

DSCN0293