活動内容

“天神藤”を守る会では
・藤棚の手入れ・管理
・藤棚保存のための支援活動
・開花時の情報発信
等を行っています。

★2018年の作業の様子★

【11月29日 終わりの見えてきた剪定作業】
もう雪も降ってしまいましたが、葉が全て落ちた藤の剪定作業もようやく終わりそうです。

かなり冷え込んだ中続けられていた剪定作業の様子。

落ちた枝を集めて縛っています。

【11月17日 二回目の剪定作業】
やっと葉が落ちてきたので、二回目の剪定作業が行われました。


前回剪定しきれなかったところを再び剪定します。伸ばしたい方向に藤の枝を誘引し、藤棚にくくりつけています。

だいぶ葉が落ちていますがまだ残っています。


【11月2日 本格的な剪定作業開始】

例年11月に入ると、藤の剪定作業がはじまります。この時期、藤はすっかり葉を落とすのでその頃をみはからってはじめるのですが、今年は葉が落ちなかったため、剪定作業は長引くことになりました。

黄色くはなってきましたが、まだ葉がたくさん茂っていますね。

この状態での剪定作業なので大変です。

茂った葉と葉の間に手を入れて、切る枝を見極めています。

高所ははしごを掛けて登ります。

【4月11日肥料やり】

春に肥料をまきます。右側に見えているのは立派な藤の幹です。

シャベルでまいていきます。まだ奥に残雪があります。

【7月2日剪定作業】

初夏の剪定作業です。
つるがとても伸びています。

藤のつる

どの枝を剪定するか、翌年の花が付く場所を考えながら
決めている様子です。

昨年度の活動のようす